京極くんからのメッセージ

大学院 情報科学研究科 知能工学専攻 博士前期課程1年
知識工学研究室

 京極 瑞生
出身高校: 祇園北高校 (2011年3月卒業)

京極くんからのメッセージ:
私の小さな頃の遊び道具が古いパソコンのタイピングソフトでした。 その頃から趣味でゲームを作るようになり、高校の時には大学に入って好きな パソコンのことについて知識を伸ばしたいと強く思ったため、広島市立大学を志望 しました。

大学ではコンピュータの基礎や数学などの基礎的分野から、近年映画で扱われる 3DCGや、ロボットの仕組みなど、 応用分野のことまで幅広く学ぶことができます。 授業や実習の中で私が一番楽しいと思えたのは、3年生の CG実験 での課題で 好きなゲームのデザインを再現 したことでした。 自身の手で想像したものが実際に 創り出せた時の達成感はとても大きかったです。

また、ものづくりの楽しさを後輩にも伝えたいという気持ちから、母校の祇園北高校 のコンピュータに興味がある生徒たちに対して、 プログラミングの講義やゲーム製作の指導などのボランティア をしています。 生徒たちもものづくりを楽しんでくれて、みんなで作品の途中経過を見せ合いながら、 それぞれ完成を目指しています。

私は本学で勉強することで、 ものを創る楽しさ を再確認することができました。 また、プログラミングや授業等の大学生活を通すことで、仲間たちとものづくりの 楽しみを共有できた と感じます。 もし情報分野に興味があれば、みなさんも本学へ進学し、たくさんの 仲間と共に深く楽しく勉強 を進めてみてはいかがでしょうか?




大学生の声一覧へ戻る

Copyright ©2010 Faculty of Information Sciences, Hiroshima City University. All Rights Reserved.