見谷くんからのメッセージ

大学院 情報科学研究科 情報工学専攻 博士前期課程2年
ネットワークソフトウェア研究室
(2011年3月修了)
 見谷 誠司
出身高校: 祇園北高校 (2005年3月卒業)

見谷くんからのメッセージ:
情報工学科 は、 ハードウェアとソフトウェア両方を知りたい! という方に向いている学科だと思います。 ハードウェアとはコンピュータの電子回路や周辺機器などの機械的装置の事を指し、 ソフトウェアとはコンピュータを制御するための手順、命令等(簡単に言えばプログラム)をまとめたものを言います。 皆さんは今、高校で数学や物理といった理系科目を勉強されていると思いますが、 情報分野に関しては漠然としかイメージできてない方も多いのではないでしょうか。 自分が情報科学というものを学ぶ上でハード系をやりたいのか、ソフト系をやりたいのか…今までの知識だけでは 判断つかないこともあるかと思います。もしくは、よくわかんないけど、全部ひっくるめて色々知りたいという 欲張りな方もいるかもしれません。 そんな方々には是非情報工学科をお勧めします。この学科では ハード、ソフトの両方を学ぶことができ、それぞれの特徴を理解することができるカリキュラム となっています。


実験では根気よく電子回路の製作をすることもあれば、複数のプログラミング言語を習得することもできます。 またコンピュータだけではなく、それらを繋げるネットワークについても演習を通してしっかり学べる授業があります。 インターネットがどのような仕組みになっているか興味がある方にもお勧めできます。 最終的にはそれぞれの分野に特化した研究室に配属されますが、広く学んだ知識があれば自分がどのようなものに 興味を持っているのかがおのずと理解できると思います。ひいてはその知識が 就職難といわれるこの世の中で、確かな力になってくれる はずです。情報分野を希望されている方で、上記内容に興味を持たれた方は情報工学科を 一考されてみてはいかがでしょうか。




大学生の声一覧へ戻る

Copyright ©2010 Faculty of Information Sciences, Hiroshima City University. All Rights Reserved.