立野くんからのメッセージ

情報科学部 知能工学科 4年
コンピュータグラフィックス研究室
(2011年3月卒業)
 立野 翔平
出身高校: 祇園北高校 (2007年3月卒業)

立野くんからのメッセージ:
広島市立大学情報科学部では、 現代社会には欠かすことのできないコンピュータに関する知識、技術を学ぶことができます。 私は、昨今の映画やテレビCMに用いられるCGに興味があり、 本学の入学試験の科目でもある数学と物理が得意だったので、 本学を受験しました。 しかし、パソコンに関する知識は愚か、 キーボードをまともに打つ技能すらない状態で本学に入学しました。 一年次からプログラミングなどの講義がありますが、 初めは、周りが平気でタイピングをする中、ただ呆然としていたのを 覚えています。 「素人」の状態で何か具体的なプログラムなど作れるはずはないので、 自分なりに努力をしました。


学科によって内容は違いますが、三年次に リバーシ(オセロ)のプログラムとCGを作成したとき、 やっと情報科学部らしいことをしていると実感しました。 同時にそれまで学んできたことの意味が少なからず理解できた気がしました。 自分のような 「素人」スタートでも必要な知識、技術は習得できます。 今でも「プログラミング得意!」と胸は張れませんが。 ただ一つ言えるのは、 「自ら勉強をしている」 ということです。 高校時までは「勉強させられている」 という感が強いのではないでしょうか。 大学はそうではないと思います。 少なくとも興味のある方向性の学部を選択するでしょうから、 「勉強」のイメージが変わってくると思います。 もし情報関係の内容に興味があるなら、本学の情報科学部を 志望校のひとつにしてみてはいかがでしょうか。




大学生の声一覧へ戻る

Copyright ©2010 Faculty of Information Sciences, Hiroshima City University. All Rights Reserved.