宇丹くんからのメッセージ

大学院 情報科学研究科 情報工学専攻 博士前期課程2年
論理回路システム研究室

 宇丹 裕一朗
出身高校: 新庄高校 (2006年3月卒業)

宇丹くんからのメッセージ:
僕は高校生の時にコンピュータを使った授業を経験し、コンピュータにとても興味を持ちました。 そこから大学を選ぶ際にコンピュータについてもっと勉強したいと思い情報科学部への進学を決めました。

この大学では、コンピュータの設計やプログラミング、インターネットなど幅広い分野について学ぶことができます。 中でも僕はコンピュータの設計について興味を持ちました。 現在は自分の好きな分野の研究に打ち込むことができ、 とても充実した生活 を送れていると思います。

情報科学部はコンピュータに関する様々な専門知識を学ぶことが出来るので、 誰でも自分のやりたい事を発見することができる と思います。 コンピュータに関する詳しい知識やプログラミングなどの専門的な技術などがない人でも、 大学1年生の時に基礎的なことはしっかりと勉強できるので安心してください。 高校生の皆さんもこの大学に入ったら、 楽しみながら自分の興味の湧く分野を見つけていってください。




大学生の声一覧へ戻る

Copyright ©2010 Faculty of Information Sciences, Hiroshima City University. All Rights Reserved.